ホーム

記事一覧

RSS

ネットゲーム依存、疾病指定へ WHO定義、各国で対策


 インターネットゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障をきたす症状について、世界保健機関(WHO)が2018年、病気の世界的な統一基準である国際疾病分類(ICD)に初めて盛り込む方針であることがわかった。国際サッカー連盟(FIFA)主催の世界大会が開かれたり、五輪への採用が検討されたりするなどネットゲームが広く普及する中、負の側面であるネット依存の実態把握や対策に役立てられそうだ。

 WHO関係者によると、18年5月の総会を経て、6月に公表を予定する最新版のICD―11で、「Gaming disorder」(ゲーム症・障害)を新たに盛り込む。17年末にトルコで開かれた依存症に関する会議で、最終草案を確認した。

 最終草案では、ゲーム症・障害を「持続または反復するゲーム行動」と説明。ゲームをする衝動が止められない▽ゲームを最優先する▽問題が起きてもゲームを続ける▽個人や家族、社会、学習、仕事などに重大な問題が生じる――を具体的な症状としている。診断に必要な症状の継続期間は「最低12カ月」。ただ特に幼少期は進行が早いとして、全ての症状にあてはまり、重症であれば、より短い期間でも依存症とみなす方針だ。

<以下省略>

※引用元:

ネットゲーム依存、疾病指定へ WHO定義、各国で対策:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASKDV3VXHKDVUHBI00D.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • ICDに載れば、自立支援医療の対象になるから、条件が合えば医療費負担が軽減される。足りないのは治療ができる専門病院。増えてほしい。
  • ついにという感じだけど、時代の進みが早いが故のものだとも思う。歩きスマホも同じかな。教える側の人間もその早さについていけていない。だから教えられないし、後手に回る。先を見ないと。
  • あとガチャ依存も規制するべきだ。 あれは麻薬と同等で非常に危険だ。 課金ガチャやって「これは搾取だ!」って気が付いた人は正常。
  • いい大人が地下鉄の中で必死こいてスマホゲームに熱中。マヂマヂと顔を見てしまった。やはり病気だよありゃあ。とてもマトモじゃない。
  • 年末に職場で話題になったけど、最終的に「よたたんはなんだかんだ言いつつ他のこともやってるし、時間をコントロールしてるから平気じゃね?」という結論になった←
  • まぁ、正気か狂気かの判断は集団催眠・脳内麻薬の類だとわかりづらいよな。
  • おい目をそらすなw 電車を始発から終電まで乗りつぶしたり,夜行で寝ないで位置登録したり,新幹線で3時間ずっとスマホ&タブいじってるそこのメモラーだ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: