ホーム

記事一覧

RSS

80~90年代日本車が北米で大人気のワケ 日本の実情にハマる「15/25年ルール」とは?


いま北米で日本の中古車が大人気といいます。しかも25年以上前の、80~90年代初頭のものが飛ぶように売れているとか。そこには北米独自のルールと、日本ならではの自動車事情が絡み合っていました。

 近年、80年代~90年代の日本車が北米(カナダ・アメリカ)で大変人気が高くなっています。日本車といっても、当時北米で販売されていた車ではなく、日本で製造、販売され日本のユーザーが乗っていた右ハンドルの日本の中古車です。車種でいえば日産「スカイライン」や、マツダ「RX-7」、トヨタ「スープラ」や三菱「デリカ」、同「パジェロ」などの車種です。

※引用元:

80~90年代日本車が北米で大人気のワケ 日本の実情にハマる「15/25年ルール」とは? | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/79361


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • フロー型社会からストック型社会への世界的流れを考えたら、日本もクルマを大切に長く乗らせるべきなんだろうけど、自動車業界を守る国策とのジレンマで無理なのでしょう。
  • 懐かしい日本の名車が海外で活躍する理由、、。納得。ただ、日本の車検制度や耐用年数の規制が強いのは緩和する必要性があるのでは?
  • 日本も車検制度を見直すべきだ。新車の3年、その後2年おきに車検の義務があるのはおかしい。一律5年おきというのはどうか。
  • 日本の財産が…ドンドン消えてなくなってしまう。 古い車には、重い自動車税をかけて!ワザと手放すように国は仕向けてるけど…何考えてるかね?
  • 旧い車を重税して廃車を促す日本から、中東だけでなく北米にも流れてるとは・・・無くなる前に3Dプリンターで丸ごと部品作れる時代来ますように。
  • 日本車がこうして第二の人生を歩んでいること自体は嬉しいことだけど、日本から旧車の良い玉がどんどん減っているのはなんだか悲しい事実。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: