ホーム

記事一覧

RSS

教員の採用不正、今も苦しむ関係者 復職訴える男性、沈黙の女性 大分県を揺るがした問題の後遺症


大分県を揺るがした教員採用不正問題では、今も苦しんでいる関係者がいる

採用を取り消された男性は臨時講師として働きながら復職を求めている

また、不正を知って自ら退職したという女性は取材には応じなかった

※引用元:

大分県で起きた教員採用試験の不正 今も苦しみ続ける関係者たち - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/14121416/


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 実際にその教諭たちに教えられていた生徒達は、突然の担任変更など理由を知れば、複雑な想いが残るだろう。 点数では、資質が測れない事実を突きつけた点もある。
  • 昔から「コネ採用」の噂が絶えない業界だからねぇ、うちの業界は。そしてそれを自分達がいうんだよ、「俺は親が校長だから大丈夫」とか。
  • こんなのはどこの県でも同じです。教員は採用が少ないと合格するのは校長や県庁の偉い人の姉弟だけです。しかも出身大学がありえないような大学。
  • 佐伯市では昔から「コネ」がないと教師になれないと言われていたから…この事件だけでなく、潜在的には不正採用された教師はもっといるだろう。
  • 役人の世界は、誰が採用で不採用かは始まる時点でいろんな力関係で合否が決まっている。 それが役人の世界。






















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: