ホーム

記事一覧

RSS

<超音速ミサイル>量産へ 国産「ASM3」、抑止力強化


 防衛省は国産では初めての超音速の空対艦ミサイルとなる「ASM3」の開発を完了し、2019年度から量産を始める。航空機から発射して艦船を撃破する用途のために03年度から開発を始めていた。17年7月まで計15回の実射試験を重ね、昨年末に分析を終えた。音速の3倍のマッハ3以上の速度で艦船に迫り、迎撃がより困難になる。島しょ防衛などを担う航空自衛隊のF2戦闘機に配備し、抑止力を強化する。

 「ASM3」の射程は百数十キロと既存のミサイルと同程度だが、新型のジェットエンジンを搭載したことで速度をマッハ3以上に引き上げた。03年度から約390億円を投じて新型エンジンの研究・開発を続けていた。防衛省は昨年、従来より射程を伸ばした護衛艦搭載型の対艦ミサイルの開発にも成功しており、19年度以降の予算化を目指す。また、これらの技術を応用して、地上発射型の対艦ミサイルの改良も進める。

<以下省略>

※引用元:

超音速ミサイル:量産へ 国産「ASM3」、抑止力強化 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20180107/k00/00m/010/099000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • どんどん軍国化しとるな。隣国や外国人が怖いのはアジアで虐殺やら慰安婦やら悪行三昧したからだろ。伝統的にこんな人間でいっぱいなんだな日本は。
  • そこまでニュースにするような兵器でもないし、左巻きが騒ぐ兵器ではない。我が国の場合空母までは領域管理の為の最低限の兵器だし、悪さする敵艦を排除する空対艦ミサイルも最低限の装備だと思う。
  • ごく少数の丸腰無防備派の声がテレビではよく取り上げられるが国は着々と備えている事で安心して生活が出来ます。 各国…
  • 記事文末に防衛省の談話として「世界の潮流云々」とあるが、軍拡は世界の潮流ではないぞ。このまま核武装へ突き進むのか? 北朝鮮と同じではないのか?
  • 軍備増強が抑止力だと言う感覚に違和感を感じる!そうして日本は、敗戦国(原爆を二つも落とされ)と成った過去をうやむやにするのか?同じ轍を踏むな❗
  • ASM3の面白いところは、HARM的な使い方も考えてるあたりですかね。速度ばかりが強調されてますけど、ステルス性が高いことも特徴のひとつであります。
  • 憲法改正出来なきゃ、抑止力にカネをつぎ込め。相手が手を出さないように。急げシナは着々と尖閣を狙っている。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: