ホーム

記事一覧

RSS

秋田のクマ、推定生息数の6割捕殺 「前代未聞」懸念も


 秋田県内で今年度、ツキノワグマの捕殺数が前年度の1・7倍に急増し、推定生息数の6割弱にあたる817頭に上っている。自然保護団体が駆除の中止を求めているが、クマによる死傷者も2009年以降、最多の20人。住民の要請に応じた結果、捕殺数が増えたといい、県は人とクマの共存に頭を悩ませている。

 ツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種に分類される。環境省によると、国内では九州で絶滅と考えられ、四国では絶滅の恐れがあるとされている。「日本熊森(くまもり)協会」(本部・兵庫県、会員・約1万7千人)は昨年10月、「根絶殺害に近い」と、秋田県の佐竹敬久知事に有害駆除と冬の猟の中止を強く求める要望書を提出した。熊森協会の森山まり子会長は「前代未聞の数でむちゃくちゃ。共存に取り組むのではなく、見つけたら殺さなあかんという流れがあまりに残念です」。

<以下省略>

※引用元:

秋田のクマ、推定生息数の6割捕殺 「前代未聞」懸念も:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASKDP5R4PKDPUBUB010.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 日本がいまだ先進国だというならば野蛮な捕殺処分をやめて日本固有の絶滅危惧種を保存する方策を大至急実施するべき。莫大な軍事費から少しでも振り向ければ可能なことだ。
  • 狭い1県の中での話。部外者が生かせと口で言うのは容易いが現実問題として生かす方法がないから殺すのだろう。奈良の鹿でさえ殺処分される時代である。
  • 確かに捕殺数は多いと思いますが、子供が遊ぶ公園にも出没して、なおかつ実際に襲われている現状ではやむを得ないと思います。 動物愛護団体も現地で見てくれ。
  • ドングリが凶作と言うけれど、それは山の樹木の管理が偏ってしまったことも関係してる。虫や天候の問題もある。かなり広い範囲で各専門家が連携しないと、その場凌ぎになるだけなんだろうけど…
  • こういう過激な環境テロは地元に住んでから言え。一番遠くに住んでいる無責任な連中が一番無責任な発言で騒ぐ。
  • 見熊必殺になってるのか。さすがにこの数殺害しちゃうと、更にクマに食われる事でバランス取れていた大型草食動物とかがいたら面倒なことになるぞ。
  • 難しい問題だなぁ…人間が活動範囲を広げたが為に熊も住処が無いと。だからといってそこに住む人間に出ていけってそりゃ無理な話なわけで。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: