ホーム

記事一覧

RSS

リニア談合 違法性認識に4社で差 東京地検特捜部、捜査態勢を拡充へ


 リニア中央新幹線建設工事をめぐるゼネコン大手4社による談合事件は、東京地検特捜部の最初の強制捜査から8日で1カ月。大林組が公正取引委員会に談合を認める一方、強く否定する社もあり、4社間で違法性の認識に温度差があることが浮かび上がった。大林組、大成建設、鹿島建設、清水建設の4社間で足並みが乱れる中、特捜部は週明け以降、他の地検から応援検事を得て捜査態勢を拡充する方針とみられる。

 

恭順組と否定組

 「1社でも公取委に違反を申告したら、たいていは総崩れになるものだ」。検察幹部の一人はこう指摘する。最初に強制捜査を受けた大林組がいち早く、独占禁止法の課徴金減免制度(リーニエンシー)に基づき、公取委に不正な受注調整を申告しているためだ。

 現在、鹿島と大成は、特捜部の調べに、会合などで情報交換した事実は認める一方、不正な受注調整は強く否定しているとされる。

<以下省略>

※引用元:

【リニア入札談合】違法性認識、4社で差 東京地検特捜部、捜査態勢を拡充へ 民間発注、立件にハードル

http://www.sankei.com/affairs/news/180108/afr1801080005-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 法が現実にマッチしていない典型。 何が最重要事項か考えれば、工事が安価で確実に遅延なく事故なく完成すること。 法がそれを邪魔するなら法が間違っているのだから法を変えるべきだ。
  • 談合・・容認するつもりはないけど、どの世界にもあることかも・・ というか山梨とか長野に政治的な駅を作るのだけは絶対ヤメてほしい・・税金の無駄遣いダゼ!
  • 国の威信をかけたリニアだから入札よりも特命でやるべき。必然的に大手に仕事いくけど技術力必要だからそれでいい。
  • 発注者側がなんとも思わなかったらどうでもいいのでは? 工事ストップさせて遅らせるほうが発注者側に不利益でしょう?
  • 「民間発注の場合は、受注側との間で入札方式などを容易に変更できるため、競争制限しにくい」。
























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: