ホーム

記事一覧

RSS

31歳目前に「余命5年」 大切なもの知った女性経営者


 約3年前、病気で突然の余命宣告を受けた30代の女性経営者が、外見では分からない病気や障害があることを周囲に知らせる「ヘルプマーク」の普及に取り組んでいる。家族らの支えに幸福を感じながら、「今日一日を大切に」との思いを胸に前へ走り続けている。

 「余命は5年です」

 2014年8月18日、三重県四日市市の小崎麻莉絵(こざきまりえ)さん(34)は医師から告げられた。骨髄異形成症候群。血液が正常につくれなくなる病気だ。完治にはリスクが高い骨髄移植と抗がん剤治療が必要と告げられた。

 31歳の誕生日を迎える前日のことだ。「どうやって伝えればいいんだろう」。最初に思い浮かんだのは両親の姿だった。「やっぱコワイ」。その晩、泣きながら日記を書いた。

 四日市市出身。県内の大学を卒業後、複数の会社を経て、28歳の時に名古屋市でホームページ制作会社を設立。久々に受けた健康診断で異常が見つかった。

<以下省略>

※引用元:

31歳目前に「余命5年」 大切なもの知った女性経営者:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL185367L18ONFB006.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 周りからは分かりにくい苦しみを抱える人も多い。私自身、検査のためのオペをした後、どうしようもない痛みに襲われながら、電車やバスを使っていた事があります。。
  • 自分もおそらく障がいや後遺症を抱えて今後生きて行くことになるだろうけど、出来なくなったことを嘆くのではなく、出来ることにひとつひとつ真剣に取り組んで生きていきたい。
  • 突然余命宣告されたら私は受け入れられないかも・・・(´・ω・`) ヘルプマーク、まだ街中で見かける事は少ないけど妊婦さんのマークが最近では広く使われてるようにそのうち一般的になるといいね。
  • ヘルプマークの存在を私も最近知った。見た目だけではわからない病気ってたくさんあって、特に若い人は誤解も生じやすいよね。
  • こういうの見て俺の思考が真っ当じゃないと気付くんだけど俺はもう死ぬことは織り込み済みですべて考えて生きてるからなぁ。
  • すごいなぁ、という言葉しか出てこない。 そして、今の自分が不甲斐ないなぁと思う。 頑張って生きた標をのこしてもらいたいし、自分も頑張りたい。
  • "本当に大切なものは何か。強く感じるようになった" 僕にとって本当に大切なものは何だろう。この記事を読んでこれまでの生き方に恥ずかしさしか感じない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: