ホーム

記事一覧

RSS

放課後デイサービス「アニメ見せるだけ」? 国が対策へ


 障害のある子どもを預かる「放課後等デイサービス」が急増している。開設の条件が緩いこともあって新規参入が相次ぎ、5年間で4倍以上になった。その半面、質の低下への懸念が強まっており、厚生労働省が対策に乗り出した。

 千葉県船橋市にある発達障害児向けの放課後デイ「STEP(ステップ)」は2016年10月に開設された。ビルの2階、約70平方メートルの部屋に特別支援学校の子どもらが通う。

 月に1度の調理実習日。子どもたちはエプロンをつけ、フルーツサンドづくりに挑戦した。ジャムをうまく塗れなかったり作業が遅れたりしても、職員は「おいしそう。上手だね」と励ましながら見守る。

 2時間ほど過ごし、午後5時半に送迎車でそれぞれの自宅に帰る。施設管理者の石毛利枝さん(52)は「自分に自信が持てず息苦しくなりがちな子どもたちが、達成感や自己肯定感を得られるように支援する場所」と説明する。

<以下省略>

※引用元:

放課後デイサービス「アニメ見せるだけ」? 国が対策へ:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL183R1BKD2UCLV00F.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 最初に良い話を書いて後で非難の話を書いているから、悪いよね、というイメージを与える。「TV依存の事業所も一部では見受けられるが、ほとんどの事業所では○○」という論調でも書いて欲しいね。
  • これな・・・めっちゃやりたい放題。あと就労支援関係も。噂ではコンサル会社が儲かる事業として紹介してる。なので㈱や㈲系は高齢も含めて怪しいと疑う。
  • 子どもと関わる仕事には全て資格が必要だと思ってます。ボランティア団体とかはとても大事なんだけど、やっぱりなんの資格もない学生とかが子どもの面倒を見るのはとても不安なのです。
  • 増えるだけ増えて、将来質の良い所だけ淘汰されるんでしょうねー。ただコンビニ跡地の居抜きの狭いスペースにぶち込むところもあるしね。療育じゃなくて金儲けのために企業が参入する場合もあるしな。
  • どんな職種でもサービスでも質の優劣はある。福祉サービスだといつも一部分だけ切り取られ、騒がれてる気がする。 このような記事書くなら使う側の問題など別角度からの目線も必要だと感じる。
  • 職員の資格も制度化されたし(ただし、無資格の人が排除されたわけではない)いろいろ整備はされていくんだろうけどねぇ。手厚いサービスは事業の採算性を悪化させる…この部分にメスが入らないと。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: