ホーム

記事一覧

RSS

ジャパニーズウイスキー、世界を酔わす-国産酒輸出が過去最高更新、本場でも高まる人気 品薄続きネットで高額売買も


 ウイスキーなどの国産酒類の輸出金額と数量がいずれも過去最高を更新したことが8日、国税庁への取材で分かった。平成29年1~10月の累計で、すでに28年の総量を超え、金額は6年連続、数量は3年連続で最多となった。日本産ウイスキーの世界的な人気の高まりに加え、急増するインバウンド(訪日外国人客)でファンが増えたことも後押ししたとみられる。

 国税庁によると、28年の酒類輸出金額は約430億円、数量が12万4710キロリットルだった。29年は、1~10月時点ですでに輸出金額が約439億円(前年同期比24・9%増)、数量が13万6788キロリットル(同32・1%増)と28年の1年間をいずれも上回った。

 29年1~10月で輸出金額が最も多いのは日本酒で147億円と、全体の33・6%を占めた。2位がウイスキーの116億円で26・4%、ビールは104億円で23・7%だった。特に、ウイスキーやビールが前年同期に比べ、3割前後伸び、日本酒に迫る勢いで全体の数字を押し上げている。

<以下省略>

※引用元:

ジャパニーズウイスキー、世界を酔わす-国産酒輸出が過去最高更新、本場でも高まる人気 品薄続きネットで高額売買も

http://www.sankei.com/west/news/180109/wst1801090059-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • >「山崎シェリーカスク」は定価の10倍近い30万円以上 >昨年の世界的な酒類競技会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)」で、サントリー「響21年」が全部門の最高賞を獲得。ニッカも「竹鶴25年ピュアモルト」など5…
  • 真面目に作ったウイスキーが世界で認められる一方で、国はビールの定義を緩めて発泡酒の一部をビールに組み込む。税金のために迷走して文化とも言うべき価値を失う。
  • メーカー側の戦略とかどうなってんだろう。国内のウイスキーの消費量の変化とか、その他の種類の推移とかの影響はどうなのかが気になった。
  • この前JRに乗っていたら、山崎駅から香港人らしき観光客の人たちが、サントリーの大きな袋を持って電車に乗り込んできたなあ。
  • 評価されるのは嬉しいけど、高くなり過ぎてるね(´ω`)山崎、響あたりはここ暫く飲んでない。
  • アイリッシュ、スコッチ、バーボン、カナディアンに続き、ジャパニーズウィスキーもあっていいとは思う。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: