ホーム

記事一覧

RSS

「鈴木選手の自白、感謝してる」 被害者のカヌー選手


 カヌー・スプリントの鈴木康大(やすひろ)選手(32)がライバルの小松正治(せいじ)選手(25)の飲み物に禁止薬物を混入させた問題で10日、小松選手が代表合宿中の石川県小松市内で報道陣の取材に応じた。「プライベートでも仲が良かったので、ショックは大きい。やったことは反省して欲しい」と語った。

 自らがカヌーを始めた頃から鈴木選手はトップ選手だったといい、「同じ代表チームに入るとは思わなかった。憧れの人だった」。昨年10月に暫定的な資格停止処分を受けた後にも最初に相談し、「連盟の上の人に話せばいい」などとアドバイスを受けていたという。

 処分を受けてから、身の潔白が証明されるまでについて、「2020年東京五輪は無理、という絶望感があった。精神的につらかった」と明かした。普段から飲み物には注意を払っており、過去にパドルがなくなることもあったため、誰かの関与があったと、「ピンときた」とも振り返った。ただ、「証明はできず、焦りとショックがあった。鈴木さんに関わらず周りの人間を疑ってしまった」という。

<以下省略>

※引用元:

「鈴木選手の自白、感謝してる」 被害者のカヌー選手:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1B355HL1BUTQP003.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 良心を踏みにじった犯人の罪は重い。あんな異常な行動を平気でできる特殊な人間だから、更正してほしいという小松選手の願いもまったく響かず、無駄になってしまうのがつらい。
  • 最低最悪な行為!だけど、その最低最悪な行為をした後に自白をしたことで、まだ今後の人生をやり直せるチャンスはあると思う。なかなか自白はできないと思うから。。。
  • すごくスキャンダラスな事件だけど、当事者にも色々あったんだろうなと思う。これは他人が不用意に非難出来ないと思う。
  • 他人には分かりようもない心境だと思いますが、ある程度の期間と目処がたっているというのがあるにしても、きちんとしたマスコミ対応されていることに感心。
  • 唯一『良心の呵責』があって救われた。。。良心の呵責のかけらもない国もあるからね。。。
  • これも「山羊座の谷」の影響かな。“ネガティブな深層心理を取りだす” 昨日の にもシンクロ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: