ホーム

記事一覧

RSS

日本に空母は非現実的? F-35B導入し「いずも」型空母化検討 それが不要な理由とは

かねてより海上自衛隊のいずも型ヘリ護衛艦は、いざとなれば改修し、F-35B戦闘機の艦載が可能との見方がありました。しかしこれが非現実的であるという理由がふたつあります。

 2017年12月26日(火)に一部メディアが報じたところによると、2019年度に策定される我が国の次期中期防衛力整備計画において、日本政府はヘリコプター搭載護衛艦「いずも型」に対し垂直離着陸戦闘機F-35B「ライトニングII」の艦載を視野にいれ検討中であるとのことです。

※引用元:

日本に空母は非現実的? F-35B導入し「いずも」型空母化検討 それが不要な理由とは | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/79420


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • アメリカとロシア両国から高性能熱核ミサイルをシェアリングしてもらい、両国の核の傘に入って世界一安心安全な専守防衛国家を目指してミサイル防衛に力を入れよう。
  • 載せたところで、リスクがあがるだけ。 ヘリ空母は、もっと災害時の医療装備を 追加したら。 あと、離島を廻る医療船をもっと作って 災害時即対応能力の増強を。
  • 至極もっともな論。アメリカの言いなりに高い金を払って、不必要な兵器を買う政府は、頭がおかしい。
  • 軍事とは合理だけで語れないと思うのが現在の心境。世界の米軍の空母以外の空母は、ほとんど合理的でない。
  • 言いたい事はわかるが軍事評論家なら9条の事などまぜ混んで話をするべきではない。9条の事考えたら空母自体の存在は否定される


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: