ホーム

記事一覧

RSS

中日新聞主筆、大村知事の政治姿勢を「性同一性障害」


 中日新聞社前社長で現主筆の小出宣昭氏(73)が、名古屋市千種区で13日に開かれたシンポジウムで愛知県三河地方出身の大村秀章知事について語る際、「三河に行くと時々、大村さんのような保守かリベラルか、性同一性障害ぐらいの知事が出ます」と発言した。終了後、小出氏は記者団に対し「言葉が滑った」と述べ、発言を撤回した。

 小出氏は、立憲、民進、希望の3党幹部をパネリストにしたシンポジウムにコメンテーターとして参加。発言は、愛知県の政治風土を解説する中で出た。会場には大村氏も姿を見せていたが、この発言の前に退席していた。

※引用元:

中日新聞主筆、県知事の政治姿勢を「性同一性障害」と発言→「言葉が滑った」と撤回

http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/13/chunichi-shuhitsu_a_23332523/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • この記事では何が言いたかったのかさえよくわからないが、失言はたいてい話者が何かうまいことをいってやろうと思ったときに出現する。問題は、サービス対象範囲の認識。 大村知事の政治姿勢、性同一性障害と表現 シンポで本社主筆、撤回:社会…
  • こんな不用意で不穩當な發言をする人でも主筆になれる中日新聞とやらの質は推して知るべし。取り消せば發言がなかつたことになるなら、なんでも言へてなんでも書ける。それは惡い意味での「表現の自由」だ。
  • 言葉で商売してる会社の模範となるべき人物が一番やっちゃいけないタイプの暴言でしょう。役職辞任かつ自ら退社して当然。
  • 失言っていうのは普段からそうおもってるからであってつまりまぎれもないホンネだろ、って政治家の失言のときにはテレビがいっつも言って叩いてる。マスコミ関係者の失言に対してはどう扱うのかな?
  • 新聞社の主筆は、新聞の論説そのものを統べる存在。その主筆が軽々に首長を批判して、首長批判にLGBTを喩えに使った、って度し難い。中日新聞は信用できません。
  • 老害がよく意味も分からず使ったんだろ。 三河民にしろほとんど関係ない人間を多数不快にした罪も分かっていないと思う。
  • はい!リベラルの皆さん、お仕事ですよ! 口が滑ったとかの前に性同一性障害 に対する差別心が心にあることが問題なのですよね? サヨク中日新聞の主筆だからといって遠慮は要りません!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: