ホーム

記事一覧

RSS

新広辞苑、「LGBT」の説明に誤り 岩波、修正を検討


 10年ぶりの改訂で今月12日に発売された広辞苑の第7版で、性的少数者を意味する「LGBT」の説明に誤りがあることが分かった。発行元の岩波書店は、インターネット上の指摘を受けて修正も検討している。

 LGBTは、性的少数者のうち、女性同性愛者のレズビアン、男性同性愛者のゲイ、両性愛者のバイセクシュアル、生まれた時の体の性別とは異なる生き方をするトランスジェンダーの頭文字をとった言葉。広辞苑には今回新たに盛り込まれ、「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」と記された。

 「LGB」は好きになる性を表す「性的指向」の概念だが、「T」は自分は男か女かといった自己認識を表す「性自認」の概念。このため、「多数派とは異なる性的指向をもつ人々」という記述では「LGB」の説明にしかなっていない、とネット上で指摘された。

<以下省略>

※引用元:

新広辞苑、「LGBT」の説明に誤り 岩波、修正を検討:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1H5HZFL1HUTFK00P.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 「岩波書店辞典編集部の担当者は朝日新聞の取材に対し、記述の不正確さを認めたうえで「ご指摘を受け止め、修正を含め対応を検討している」と」結構なことだと思います。
  • 広辞苑「エル・ジー・ビー・ティとは、新型路面電車。フランスのグルノーブルが発祥の地。」「岩波はん、それはエル・アール・ティや!」(爆
  • よその間違いにはめちゃくちゃ厳しいんだよな。おまえんとこのやつは故意の捏造だから、悪質過ぎんだよ。
  • まあ昔の広辞苑は第x版y刷とかめっちゃ出てたし、普通に直るんじゃないかなーと思うけどどうでしょう。
  • 台湾誤記問題は黙殺だけど、炎上確実な相手だとこういう態度ですか。
  • みんなが意味を調べる際に使用する広辞苑なので、岩波書店の人には申し訳ないが、出すならそれくらいの覚悟が必要だわね。
  • 今風に言えば、どんどんアップデートしていけばいいさ。 あと、今更だけどLもGもBもTも一緒にしなくてもいいんじゃね?って。みんな違うもん。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: