ホーム

記事一覧

RSS

タトゥー彫り師の業界団体が発足へ 医師法の規制に危機感、法整備へ第一歩


偏見の払拭めざし、声を上げ始めた彫り師たち

January 16, 2018, 04:10 GMT

※引用元:

タトゥー彫り師の業界団体が発足へ 医師法の規制に危機感、法整備へ第一歩

https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/tattooist-organization


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 私自身はタトゥーは入れないけれど、規制には賛成できません。在日・来日外国人が増えていくなかで、さまざまな人々と穏やかに共棲するために刺青に対する旧来の意識を変えていく必要も。規制はスティグマを強化し、日本社会の排他性を高めてしまう…
  • 現状は医師免許が無ければ違法。 彫り師という職業をライセンス化するのであれば認められるまでは休業するのが当然。 今、この人達がやってるのは飲酒運転は安全だ。認めろ!って言って飲酒運転するのと変わらない。 それが解らない弁護士もいる…
  • 「彫り師と業界団体は食い合わせが悪いと思う人もいるかもしれないが、そんなことはない。人が集まる以上、派閥的なものがあるのはある意味当然。弁護士会にだって派閥はある。団体は団体として活動すればいい」…
  • 医師免許を取得し(美容外科などに雇われて)合法にやるか、無免許のアングラでチンピラ相手に商売をするか。「これまで資格を問われなかったから、今後も」というなら、ファッションタトゥーで広く商売するのは疑問
  • なんで彫らなきゃならんのだ?ファッションだってんなら飽きたら消すんか?今の技術なら一定期間とれないシールとかもあるやろ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: