ホーム

記事一覧

RSS

小笠原空港、いよいよ実現か 航空会社はどこで、どんな飛行機が飛ぶのか


東京都の新年度予算で、小笠原に滑走路を建設する調査費を計上したと報じられました。長年の懸案である空港建設は現実のものとなるでしょうか。実現した場合、就航する航空会社や使用機材はどう予想されるでしょうか。

 東京都の小池知事は2018年1月5日(金)の定例会見で、平成30年度予算案に小笠原諸島での航空路開設のための調査費を計上したことを明らかにしました。航空路を開設することによる地域への影響や、使用機材の選定などを実施するといいます。都は2017年7月、小笠原村との協議会をおよそ7年ぶりに開催、父島に空港を整備する方向で検討することを確認していました。

※引用元:

小笠原空港、いよいよ実現か 航空会社はどこで、どんな飛行機が飛ぶのか | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/79465


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 飛行機は賛成だが、料金を高額にして島に還元するか空港で高額な入島料を取らないと沖縄みたいに観光客や移住者殺到で島も海も汚くなってしまう。
  • いろいろ絶対にあったほうがいいもの。 個人的にはおがさわら丸の旅が守られる形であってほしいけど。 雰囲気が変わるかもしれない…と思うとちょっと怖いな。
  • 島民の悲願。 だけど本土からの旅行客が増えたら、世界遺産の自然が破壊されないか心配。 特に島にしかいない固有種の生物は失われたら戻らない。
  • 一度行ってみたいから歓迎。さすがに船で24時間はきつい。でも環境への影響は心配だね。それより波照間空港はどうなった?再開を心待ちにしているけど。
  • 船で時間をかけて行くからこそのハードルであり楽しみであり、飛行機飛ばしてまで自然破壊をしたいのは甚だ疑問に思うところ。
  • 島外者の意見はどうでも良いから、まずは住民の意見次第だよね。 結局は米軍が利用するんだろうけどね。
  • 中々行けないことに価値があるんだけど、そこで暮らしている人にとっては必要なんやろな。かつてフェリーで32時間ってときもあったけど今は24時間に短縮されたのね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: