ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人らの移籍制限「違法の恐れ」 公取委、見解公表へ

 スポーツ選手や芸能タレントなどフリーランスの働き方をする人に対して、不当な移籍制限などを一方的に課すことは、独占禁止法違反にあたる恐れがあると、公正取引委員会の有識者会議が示す方針を固めたことがわかった。公取委は2月にも結論を公表し、適切な人材獲得競争を促す。

 IT分野を含めて近年、個人事業主として雇い主の企業と契約を交わすフリーランスの働き方が増えている。ただ、こうした契約は、労働法と独禁法が適用されにくい空白地帯となるケースが多く、これまで十分な権利保障がなされてこなかった。

 スポーツ選手が他チームに移籍する際や、芸能タレントが所属の事務所を辞める際に、他の所属先と契約を結べないことなどが問題になることがあった。

 公取委は、契約によってこうした制約が生じることについて、独禁法違反(優越的地位の乱用)などにあたるかを検討するため、昨年に有識者会議を立ち上げた。各業界に書面調査やヒアリングを重ねてきた。

<以下省略>

※引用元:

芸能人らの移籍制限「違法の恐れ」 公取委、見解公表へ:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1L7V2KL1LUTIL054.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 実際に動き出し改善されるのなら良いけど。育成にかけた費用を回収は正当化っていうのが引っかかる。恩義はあるだろうけど、より良い仕事を求めて移籍なら、改善すべきは採用した側じゃないの?
  • 今の日本型事務所のやり方そのままでは、レッスン費や美容や衣装などマネジメント料の天引きが多くなる。 基本的に芸能人側が負担する必要になる。
  • 「育成にかけた費用を回収することは正当化できる」が、なんとなく年季奉公っぽさを醸し出す。前借金で身体拘束して働かせている形になりかねないか心配だ。
  • つくづく、芸能界なんてのはヤクザな業界(時に本物のヤクザ)であることよ。 海外のように、セクハラを訴える女優がなかなか現れない背景に、事務所の地位ある者に楯突けない事情もあるのでは。
  • 個人的には従前から主張している通り、移籍問題は対立(不当な圧力や忖度)でなく、移籍金や権利のライセンス等の契約などで双方にとってできるだけ円満になる解決を模索すべきである。
  • “育成にかけた費用を回収することは正当化できる”って、一般企業でも退職金から育成費用を差っ引いたりできるんですか?
  • 育成にかけた費用回収って、退職時に今まで受けた研修費、会社から請求されたら息止まるなぁ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。