ホーム

記事一覧

RSS

電車内出産「ぽんと出てきた」 隣の乗客は元看護助手


 19日昼にJR常磐線の車内で出産した女性を助けた元看護助手の最上都寿美(つづみ)さん(40)が、朝日新聞の取材に答えた。

 女性の隣に座っていた最上さんによると、妊婦はJR常磐線の松戸駅を出たあたりで様子が変わり、顔を赤くして手すりにつかまっていた。「具合が悪いんですか」と声をかけると、「陣痛が始まっちゃいました」と答えた。

 女性はさらに苦しみだし、松戸駅から8分先の柏駅に着く直前、「破水しちゃいました」「もう出ちゃいます、どうしましょう」と叫んだ。

 最上さんには子どもが5人おり、たまたま入院中だった子が一時外泊で帰宅する途中だったため、バスタオルなどを持ち合わせていた。このバスタオルを床に敷いて座ってもらうと、破水から5分も経たないうちに頭が出てきたため、頭を押さえた。その後に「ぽんと体が出てきた」。赤ちゃんはすぐに泣き声を上げたという。

※引用元:

電車内出産「ぽんと出てきた」 隣の乗客は元看護助手:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1M6SBXL1MUTIL066.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • なんと幸運な母子だ。私も妻の助産を二度やって、破水難産などの状況が目に浮かぶ。今後も福運ある人生をと心底から祈ろう。
  • 速報から気になっていたけど、偶然が重なっての無事出産だったのか。 そんな緊急時に勇気を持って手助けをした人に、資格がないから危険とか的はずれな批判をしているバカは一回死んで生まれ変わったほうが世のためでは?
  • ほえー! 出産されたご本人は3人目で、介助された偶然お隣に座ってた方が元看護助手の5人のママで、子供の一時退院帰りでバスタオルとか偶々持ってたと! なんという幸運
  • ラッキーが重なり無事出産、母子共に健康。それだけで良いじゃないか。善意の第三者がなぜ責められるの?
  • 一昨年同じ千葉県の国道でトラック運転中に心筋梗塞を起こした運転手助けたのは通勤中の看護師 こういう偶然の奇跡はスゴいし常磐線ユーザーとしては嬉しいし感動する
  • もうさ、ここで産まれる運命だったんだろうとすら思うよね。母子ともに無事で本当に良かった。おめでとうございます。
  • 隣の乗客は元看護助手(朝日新聞デジタル)素晴らしい偶然が重なった結果だけども、とにかく良かった。それしか言う事ない。どうぞ健やかに。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: