ホーム

記事一覧

RSS

公立小中、独自配置の教員1万人 多忙化解消など図る

 全国の公立小中学校で、国が決める教員定数とは別に、都道府県・政令指定市の教育委員会が計約1万人の教員を配置し、7年前と比べて約3割増えていることが文部科学省のまとめで分かった。教員の多忙化が問題となるなか、独自に取り組んでいる結果だ。朝日新聞が各教委を対象に行ったアンケートでも、87%にあたる58教委が「多忙化の解消のためには、教員数の増加が必要」と答えている。

 教員定数は毎年、5月1日現在の児童生徒数や、いじめ・不登校といった事情を考慮して国が決定し、人件費も3分の1を国庫で負担している。2017年度は定数が58万1423人で、政府の17年度予算では事務職員らの分を含め給与費として1兆5248億円を盛り込んだ。

 ただ、実際には各教委が国の定数では不十分だと判断し、独自の予算で定数を超える教員を配置している。文科省によると、17年度は9997人。全教員の1・7%を占め、10年度と比べ2476人増えた。

<以下省略>

※引用元:

公立小中、独自配置の教員1万人 多忙化解消など図る:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1K4W0YL1KUTIL016.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 医療の世界では、医者・看護師・薬剤師などが、それぞれ「分業」で役割分担しているように、教育現場でも役割に応じて分業すべきではないか。大卒の新人が一人で全てをこなすのは無理だ。
  • 物理的な仕事を減らすが,正規採用の教員を増やすか。国が予算をケチるから,地方自治体が何とかしようとしてるんでしょ。先を見通した解決策を,国が実践しないと,国を支える人材育成なんてできないって。
  • これで、現状過労死ラインを50%こえてるんだから、現状まだまだ足りてないってことだよね。
  • 【カリキュラムを担当する教師 学校運営を担当する学校職員 部活を担当する指導員 生活指導員など細分化し 分業と専業化する時でしょう。】
  • 教職員の増員は、本来は国がやるべきことです。教員の多忙化は、多くは国の教育政策に振り回されるところから生じているのだから。



















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: