ホーム

記事一覧

RSS

戦闘機部隊を大幅増強 12→14個、宮崎にF35B有力 防衛省検討


 防衛省が航空自衛隊の戦闘機部隊を大幅に増強する検討に入ったことが20日、分かった。現行では12個飛行隊(1個飛行隊の定数約20機)の戦闘機部隊を14個まで引き上げる方針で、現在1個飛行隊を置いている新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県)に1つ増設することなどで14個とする。東シナ海から太平洋などへ活動範囲を拡大させる中国の脅威をにらみ、米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを新たに導入すれば新田原基地への配備が有力視される。

 戦闘機部隊の増強は、政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」の焦点の一つとなる。

 平成25年に策定した防衛計画の大綱では戦闘機部隊を現行の12から13に増やすことを打ち出した。

 空自が導入を決めている空軍仕様のF35Aを42機調達し、F2戦闘機の飛行隊を1つしか置いていない三沢基地(青森県)にF35Aの2個飛行隊を配備する。三沢基地のF2は、老朽化により退役するF4戦闘機の飛行隊を2つ置いている百里基地(茨城県)に移した上で、F15戦闘機の飛行隊も1つ増設し、13個飛行隊に引き上げる計画だった。

<以下省略>

※引用元:

戦闘機部隊を大幅増強 宮崎にF35B有力 中国脅威に即応態勢 防衛省検討

http://www.sankei.com/world/news/180121/wor1801210002-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • > 新田原基地に配備すれば中国による南西方面の離島侵攻に迅速に対応でき、滑走路の短い離島の民間空港を拠点に運用できるほか、平時の警戒監視にも活用しやすい。
  • 航続距離も兵器搭載量もF35Aに劣るF35Bをわざわざ陸上の滑走路から運用する意味がわからん。(いや「空母に載せたい」という欲求はわかるが効率が悪すぎる…
  • 何故こっそりとF35"B"なんて話に?地上運用でVTOLは必要ない。例のヘリ空母に載せて運用する為だとしか思えない。有耶無耶のうちにって根性が気に入らん。
  • この記事で違憲ダーとか9条ガーって言ってる奴等に限って防衛費を上げざるを得ない原因を作ってる中国と北朝鮮は非難しないよね。 これだから左翼と9条信者って気持ち悪い
  • 歓迎だけどこういう報道が出るたびに思うのは「同情するなら金を出せ!」って話で、訓練費や整備費なんかをしっかりと予算で手当してね。
  • 攻者三倍の法則と中韓露の戦力増強を考慮していない、自己満足な微増だ。十分な抑止力になるとは思えない。赤字の地…
  • 金はかかるだろうが、専守防衛が主体でいい!広範囲な分野での自衛権発動は、その中に武力攻撃を含むものであるから、最早、戦闘行為だ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: