ホーム

記事一覧

RSS

尖閣行政区混乱 石垣市長選で保守分裂へ 共倒れなら陸自配備に影


 3月4日告示、同11日投開票の沖縄県石垣市長選は、3選を目指す保守系現職の中山義隆氏(50)に対抗し、保守陣営で「反中山」色を鮮明にする自民党県議の砂川利勝氏(54)が出馬の意向を固めたことで、保守分裂が確定的となった。同市長選の大きな争点は、政府が進める陸上自衛隊配備計画の是非。これに反対する革新系市議の宮良操氏(61)も出馬を予定しており、保守系候補が「共倒れ」となれば陸自配備の行方に影を落とすことは避けられない。

 また、日本固有の領土である尖閣諸島を中国が奪おうとする動きを強めるなか、同諸島を行政区とする石垣市での政治混乱は中国をも利しかねない。

 石垣市への陸自配備計画をめぐって、政府は平成30年度予算案に施設整備関連経費136億円を計上した。政府と協調的な中山市政の継続を想定してのことだが、保守分裂で暗雲が漂い始めた。自民党関係者は「革新系が市政を奪還すれば少なくとも4年は陸自配備が遅れる」と懸念する。

<以下省略>

※引用元:

3月の沖縄・石垣市長選 保守分裂へ 陸自配備計画に影響も 尖閣のお膝元で混乱

http://www.sankei.com/politics/news/180120/plt1801200014-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 【県連幹部は「理屈ではなく個人的な感情。止められない」と渋い表情で語った。】 日本の政治家は理屈よりも個人の感情を優先させて判断するのか。しかもそれを当然と考えているとは。 日本、大丈夫か?
  • 軍事は配備を含めて国家最高レベルの戦略事項だと思うのだが。防衛戦略に地方自治の長の意向が上位に来るのは9条の賜物?亡国の兆しを危惧する。
  • 自分達の置かれてる立場や地域の環境を解ってる? 国境や国を守るのは一体誰か?をもう一度考えたら、自ずと答えが出てくるやろ?
  • いやいや感情的理由なら止められるだろう。だってにんげんだもの//県連幹部は「理屈ではなく個人的な感情。止められない」と渋い表情で語った。
  • 産経の危惧通りに進めば野党オール沖縄に勝算あり。安倍政権にとって、尖閣が重要なら憲法に記載したい自衛隊を堂々と尖閣に配備すれば良い。根性あるかな?お坊ちゃまクン
  • 何をやっているのやら。個人的な感情で国境の島々を危険に晒すのか。もっと国益を考えて行動してほしい。
  • これは良くない流れだな…。万が一反日勢力が勝利してしまったら陸自配備計画は遠のき、その分中共の侵略軍が迫る事になる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: