ホーム

記事一覧

RSS

評論家・西部邁さん死去、多摩川で自殺か 78歳…遺書のような文書も


 保守派の論客として知られる評論家の西部邁(すすむ)さん(78)=東京都世田谷区=が21日、死去した。

 警視庁田園調布署によると、同日午前6時40分ごろ、東京都大田区田園調布の多摩川河川敷から「川に飛び込んだ人がいる」と110番があった。飛び込んだのは西部さんで、署員らが現場に駆け付け病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 同署によると、目立った外傷はなく、付近で遺書のような文書が見つかった。自殺を図り、溺死したとみられる。

 西部さんは21日未明から行方不明になっていた。同居する家族が探していたところ、多摩川で流されている西部さんを発見し、通報したという。

 西部さんは北海道出身。東大経済学部に在学中、全学連中央執行委員として安保闘争に参加し、学生運動の指揮を執った。大学院では経済学を専攻し、横浜国立大や東大などで教鞭(きょうべん)をとる傍ら大衆社会論を軸とした評論活動を開始。「経済倫理学序説」で吉野作造賞、「生まじめな戯れ」でサントリー学芸賞を受賞した。

<以下省略>

※引用元:

評論家・西部邁さん死去 多摩川で自殺か 78歳、正論執筆メンバー

http://www.sankei.com/life/news/180121/lif1801210033-n1.html


管理人の反応

(;つД`) グスン


ネットの反応

  • 残念だが、人生の最期を自分で決めた姿には賛意というか労いしかないか。 でも入水という苦痛をあえて選んだのはなぜ。勝手な推測は失礼か。
  • これから憲法改正から真の独立国として確立するまで、日本の保守層にとって、めんどくさく煩わしい事が大量に起こると思うが、西部先生はめんどくさくなっちゃったのかな。
  • えっ・・・ まあ何というか、一つの"類型"の最高峰として、ちょいちょい参考にさせていただいていた人でした。ある種の"北極星"的な。 事情はどうあれ、ご冥福をお祈りいたします。
  • これはビックリ。政治・社会問題を透徹した眼力で容赦無く解剖して見せてくれた。 遺された我々に、この知性は、何か書き残してくれたのだろうか?
  • 日本の対米従属を一貫して批判し続けたほとんど唯一といっていいくらいの"まともな保守思想家"が亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。
  • 一時期、この方の愛読者でした。先日、最後の著書と銘打った新書を見かけましたが、まさか自殺とは…。謹んでご冥福をお祈りいたします。
  • 今から30年近く前、朝ナマを見始めた頃のレギュラーメンバー! 長いことお姿拝見しないままの訃報、心からお悔やみ申し上げます。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: