ホーム

記事一覧

RSS

40歳以上の労働者、転職による賃金の減少鮮明

 内閣府は、景気の現状などを分析した報告書「日本経済2017―2018」(ミニ白書)を公表した。

※引用元:

40歳以上の労働者、転職による賃金の減少鮮明

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180121-OYT1T50077.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • リストラ等による大手企業からの転籍者だと当然給料ダウンの場合が多い。その現実が受け入れられなくていつまでも再就職先を決められず路頭に迷うパターンもあるね。
  • 解雇規制を緩和すれば大企業は社内ニートを排除できて強靭化し、その受け皿となる弱小企業はますます負け犬のたまり場と化していくんだろうな。切られたら負け。
  • ◆リストラ・倒産での転職がほとんど。団塊世代からの役職人数の詰まりのあおり、終身雇用から能力主義への移行。ほぼ自民党政権時代におきた変化による悪い影響が続いている◆
  • つぶしが利かない・人間関係が修復不能・給与以外の利益が得られない…なら今の時代、早めの活動が無難かな。選択肢は多い方ほどヨシ。
  • 労働人口の流動化大いに結構♡な 経済施策取ってきた人らには不利な話なのか 若いのと海外実習生さえいれば桶、ジジイはほっとけなのか ここいら辺の齢が人口比率でも結構占めてるんだろう?
  • こんな状況で解雇規制を緩和して、雇用の流動性を促進するなんて、狂気の沙汰じゃん。誰だって元の会社にしがみつくよ。
  • 賃金下がってでも、やりたいこと、時代に合ったスタイルにシフトできるかどうかが大事。拝金主義からの脱却が今後のテーマ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: