ホーム

記事一覧

RSS

京大iPS研助教の論文で捏造・改ざん 調査結果を発表


 京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)の特定拠点助教が発表した論文の図に、捏造(ねつぞう)や改ざんの研究不正があることが分かった。京都大は山中所長や副学長が22日会見し、調査結果を発表した。

 京大によると、不正があった論文は、同研究所所属の助教が筆頭著者で2017年2月、米科学誌ステム・セル・リポーツに発表した。論文では、iPS細胞から「血液脳関門」と同様の特徴を持つ脳の血管内皮細胞をつくったとしていた。血液脳関門は脳を守るために、脳に入る血液中の物質を制限する働きがある。

 その後、論文の信頼性について疑義があるとの情報が同研究所に寄せられ、実験の測定値のデータから論文の一部のグラフの再構成を試みたが再現できなかった。このため、京大が予備調査を経て、本格的な調査を進めていた。

<以下省略>

※引用元:

京大iPS研助教の論文で捏造・改ざん 調査結果を発表:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1Q5CHKL1QPLBJ004.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • いつも思うことであるが。医師が大学院で足の裏の米粒取るクソゲーをとっとと片付けようとするのと、今更行く道を引き返せない研究ガチンコ道のひとが手を染めるのとでどっちが頻度多いのでしょうね。ネツゾーw
  • 論文の捏造なんて実はどの大学でも日常茶飯事で、大抵は軽微なもので論文自体も大して重要なものじゃないから内々に処理しちゃうんだけど、注目度の高いのでやっちゃうと最悪こういうことになる。
  • 組織は大きくなると、歪みも出てくる。歪みが出たときに、どのような対応をするかが、その組織の力量だと思います。大英博物館の「ピルトダウン人」は今や最高の教科書です。
  • ものすごく残念なのと同時に、疑惑をきちんと検証し黒なら黒としっかり発表できる体制なことに感心。自浄作用が働いてる。
  • とにかく「金にならないと研究費は出さない」という風潮が強くなると、こういう行動に出る人間が出てくるでしょうね。山中先生も大変!→
  • 自然科学系の実験は、誰がやっても再現可能って言うのが最低条件ですからね。 私は社会科学系だけど、研究手法で気をつける点くらいは知ってますよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: