ホーム

記事一覧

RSS

有機ELテレビに値頃感 半年で10万円安、液晶との価格差縮小


 高精細な画質の有機ELテレビが大幅に値下がりしてきた。調査会社のBCNによると、家電量販店やネット通販の平均価格は昨年12月に34万4800円(税抜き)と半年前と比べて約10万円(20%超)安くなった。年末商戦を経て、液晶テレビとの価格差が縮小し値頃感が出てきており、今年は買い替えの動きが広がる可能性がある。

 ビックカメラ有楽町店(東京都千代田区)の売り場では、国内メーカーの55型の有機ELテレビの店頭価格は今月中旬時点で37万~43万円(税抜き)。販売担当者は「主要各社の製品が出そろった昨年6月は1インチ1万円程度のイメージだったので、大幅な値下がりで売りやすくなった」と語る。

 ビックカメラグループの昨年12月の高画質な4Kテレビの販売台数は前年同月と比べ5割程度増えたが、牽引(けんいん)役になったのは有機ELテレビだという。

<以下省略>

※引用元:

有機ELテレビに値頃感 半年で10万円安、液晶との価格差縮小

https://www.sankeibiz.jp/business/news/180124/bsb1801240500001-n1.htm


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 高度成長期の間隔のまんまの価値観かな? 個人的に、テレビ本体自体には興味なし! 観たいコンテンツが全然ないし。。
  • 大元の大きな技術は日本企業が開発していた、有機EL。日本国がこういう部分に疎くサポートしないから流出した技術の一つ。恥を知れ。
  • 家電量販店を展開するノジマが年内にプライベートブランド(PB、自主企画)の有機ELテレビを市場価格の半額程度で投入する計画もある。
  • 消費者としては安くなるのは喜ばしいことだが、売る側(電子業界に関わる人間)としては悩ましい。 複雑だ!
  • いつか来た道。JDIが投資を回収して生き残る道はない。金とスピード、日本は勝てないんだよなぁ。
























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: