ホーム

記事一覧

RSS

政府、2%未達でも「デフレ脱却判断」 物価目標、早期宣言の観測

 政府が23日示した経済財政に関する中長期試算では、消費者物価上昇率の見通しを下方修正し、2%に達する時期を平成33年度に後ずれさせた。だが、他の経済指標は改善しており、政府内からは上昇率が2%に達しなくてもデフレ脱却の判断は可能だとの声が上がる。安倍晋三首相にとっては3選を目指す9月の自民党総裁選の追い風にもなるだけに、早期に脱却を宣言するのではとの観測も出始めている。

 「デフレ脱却の判断については、物価の状況に加え再び後戻りしないという持続可能性を確認することが必要だ」。茂木敏充経済再生担当相は23日の記者会見でこう述べ、複数の指標による総合的な考慮の必要性を強調した。

 政府は今回の試算で、消費税増税の影響を除く消費者物価上昇率を30年度1・1%▽31年度1・6%▽32年度1・9%▽33年度2・0%-とした。昨夏の試算では32年度に2・0%へ達するとみていた。足元の物価低迷などを踏まえた。

<以下省略>

※引用元:

2%未達でもデフレ脱却判断、政府、物価目標、早期宣言の観測

http://www.sankei.com/economy/news/180123/ecn1801230049-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • インフレターゲット完全終了のお知らせ。 既にやってる事はリフレでもなんでもなく、労働者の実質賃金を下げただけで終了しそうなアベノミクス。
  • そもそもの目標設定の失敗を取り繕ってデフレ脱却の実績作りとかバカの骨頂。都合良く判断できるような政策など権力者のエゴでしか無い。
  • 5年たって「未だ道半ば」とはさすがに言いにくいよね。だったら、上昇率0.9%だけど、例によって理屈になっていない理屈で脱却宣言しちゃおうと。いかにも安倍らしい発想。
  • また日本人の悪い癖が始まったかw。ヘリマネすれば難なく達成できるくせに「禁じ手だー」「財政ファイナンスダー」と騒いで目をそらす。
  • goo また内閣府の虚偽報告をさも問題ないような伝え方をサンケイがしてる。アベノミクス破綻失敗明らか!
  • これも、筋が悪そうなニュースですね。 次に消費税を増税したら、安倍政権を支持しきれなくなる保守派が多数顕在化することを危惧します。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: