ホーム

記事一覧

RSS

「社内に緊張感ない」MRJ今そこにある危機 最大手エンブラエルは好調アピール


 リージョナルジェット機最大手エンブラエルが好調だ。次世代機E190-E2の燃費が当初計画よりも1.3%良好で、現行機E190と比べて17.3%改善すると、飛行試験の結果を基にアピール。自社による販売が好調なことに加え、2017年12月にはボーイングとの提携交渉を公表しており、強固な販売網やサポート体制を築きつつある。

 E190-E2をはじめとする「E2シリーズ」のエンジンは、三菱航空機が開発を進める「MRJ」と同じく、低燃費と低騒音を特徴とする米プラット・アンド・ホイットニー(PW)製GTFエンジンを採用している。開発スタートはMRJの2008年に対し、E2は2013年と出遅れたが、納期を5回延期したMRJを尻目に、E2シリーズ初の機体となるE190-E2は年内の納入開始を目指している。

※引用元:

「社内に緊張感ない」MRJ今そこにある危機 最大手エンブラエルは好調アピール

http://www.aviationwire.jp/archives/139475


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • ほぼ国策事業とも言えるMRJは世界から見れば出発も出来ずに終わるとみられてる。この穴埋めにまさか公的資金は注入しないだろうな?
  • 中堅幹部は「社外からMRJに対して厳しい指摘を受けても、どうしてわれわれが一生懸命やっているのに、応援してくれないのか、という受け取り方をしがち」。
  • これ一番あかんやん。「私こんなに頑張ってるのに!」ってやつ。所詮は村社会なんだろうなぁ。MRJ応援してるのに残念。
  • このMRJの記事だけど、航空機産業のトップ機関アメリカFAAの認可が降りない関係もあると違うのかね。それが最大の壁であり圧力だろ・・・・「社内に緊張感ない」MRJ今そこにある危機
  • 自社でやり切る覚悟もなければボーイングやエアバスの傘下に入る勇気もない。技術過信、官僚的で外部の声に鈍感な三菱の負の部分が出てきている・・・
  • 「日本の」「国産の」ということにある意味は重いのだけど、本当に世界の航空会社が必要とする飛行機となりうるのか。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: