ホーム

記事一覧

RSS

道路が陸上トラックに「変身」 京都、通行巡りトラブル

 「50年も使ってきた道が突然通れなくなった」。京都市右京区のある道の通行を巡り、近隣住民が不便を訴えている。京都学園中学・高校(同区)が所有する私道で、グラウンドの一部とするため、昨年閉鎖した。住民側は、道ができた経緯や長年の使用実態から、通行の権利を主張し、司法に判断を委ねた。

 問題の道は学園グラウンドの北側に接し、全長約90メートル、幅5メートル。学園所有の私道だが、市民も自由に通れる『位置指定道路』に1969年に市から指定された。以来、学園の東に隣接する住宅街の住民は、この道を長く生活道路として利用してきた。

 ところが昨年5月、学園が道の東西両端に鍵付きの門扉を設け、住民は通れなくなった。また、ごみ収集車や宅配のトラック、デイサービスの送迎車なども通れず、道の北側にある嵐電の踏切を渡るルートが混雑するようになり、事故の危険性が増しているという。

 閉鎖の理由を学園側は「新校舎建設に伴い、陸上部の練習場所がなくなる。道を陸上用走路に整備し、安全に練習できる場所を確保したい」と説明する。

 住民の女性(61)は、道の閉鎖に当たって「看板が出ただけで、住民への直接説明もなくふさがれた」といい、「学園には地域を一緒につくっていこうという気がないのか」と憤る。

 これに対し学園側は「看板で知らせただけだった点は申し訳なく思う」としつつ、「道は学園の所有で、位置指定道路の廃止手続きもきちんと行っており、違法な点はない」と強調する。

 住民側は、この道路の「通行権」があるとする根拠として、住宅街が元は学園の土地で、売却に伴い「住民の便益のためつくられた」と主張する。一方、学園側は、土地売買は事実としながら「なぜ位置指定道路になったのか文書などが残っていない。当時の経緯は不明で、通行権は無いと考えている」と反論する。

<以下省略>

※引用元:

道路が陸上トラックに「変身」 京都、通行巡りトラブル

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20180127000057


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 勝手踏切という名の鉄道営業法違反行為といい、この手の身勝手な主張多すぎません? 記事もさも学校が悪いような見出しで恣意的だし。 まぁ昔から「なぁなぁ」でやり続けたツケですよね
  • もともと学園の厚意で開放されていた市道。諸事情により閉鎖。地元住民は発狂。厚意は当たり前になるといつのまにか権利と勘違いし、奪われれば不満を爆発させる。ビジネスでもよくある話。
  • 位置指定道路は建築基準法上の規定で通行権は保証しないとのことだし、学校敷地で学費を払ってる生徒の利益を優先するのは正当なはずだから、さすがに住民側の悪手では。
  • 使いたい人達がお金を集って買い取るしかないな。 学校の敷地を買い取るのだから「若者の教育を受ける権利を奪った鬼畜」とか言われそうだけど。
  • まぁこれは市に道路整備を求めるのが筋。私有地に第三者が既得権益を言い出せるのも何かおかしいでしょ。
  • 学生時代のマンションがこのすぐ手前にあったので、この「トラック」を通って大学行ってた。こんな取ってつけたようなトラック、脚痛めるわ😱


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: