ホーム

記事一覧

RSS

文春編集長、小室さん引退騒動「予想できず」不倫報道で


 音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59)の不倫疑惑を報じた「週刊文春」に批判が殺到している。小室さんの引退表明につながったこともあり、近年盛り上がる不倫報道への疑問も表面化した。同誌の新谷学編集長(53)が27日夜のトークイベントで、苦しい胸中を明らかにした。

 ツイッターの公式アカウント「文春砲」へのコメントは27日午後9時半現在、4300件を超す。「廃刊しろ」「もっと他に暴くことあるだろ」「小室さんを追い詰めた」など厳しい声が並ぶ。

 発行元の文芸春秋社(東京都千代田区)で開いた同誌のデジタル会員向けイベントで、新谷編集長は「厳しい意見もいただき、胸に手を当てて考えていきたいが、不倫摘発雑誌のようにとらえられるのは切ない」と述べた。

 報じた理由については、「人間のいろんな面を伝えていきたい。KEIKOさんの介護をしているという『表の顔』の裏で、女性との息抜きを求めていた。大変な介護の中で息抜きもしたくなるよなという、介護の理想と現実というものを伝えたかった」などと述べた。

<以下省略>

※引用元:

文春編集長、小室さん引退騒動「予想できず」不倫報道で:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1V5R1SL1VUCVL01D.html


管理人の反応

(;´д⊂) ウゥ


ネットの反応

  • 裁判になったとしてもそう無罪を主張するんだろう。しかし、そうやって無罪の人をペンを持って断罪してきたあんたたちには似合わない言い訳。そしてその言い訳に比重を置く朝日新聞はクソだね。
  • 文春も悪いが、それに乗じる他のメディア(テレビやネットニュースなど)の方がより悪質。人の褌で相撲を取り、叩きの風潮を助長し、自分の手柄と開き直る…。
  • 文春編集長、小室さん引退騒動「予想できず」不倫報道で(朝日新聞デジタル)これだけ価値観が多様化する中で報道に対する反応を予想するのは不可能。だからこそ出した記事への批判はすべて受けるべきだし相手方への配慮はすべきではないか。私生活を暴かれる側は人生を狂わされるのだから。
  • 政治家は国民の代表だから不倫などの人としての不適切行為や本人・配偶者の来歴(利益相反の可能性があるから)を問う報道は許される。しかしその他の方は・・・文春編集長、小室さん引退騒動「予想できず」不倫報道で(朝日新聞デジタル) Y…
  • バーの圧力半端ないねw 不倫は事実なんだし、芸能人はイメージが収入源になっている以上は事実を一般人が知ることは必要だと思うけど。
  • 加害者が被害者面をするというよいお手本。正直に言えよ。「売れるから書きました。大義はありません」とな。
  • 人の粗や不幸を食い物にしている下衆の極みが週刊誌の本性。生活の為とは言え、下らない雑誌作りは楽しいのでしょうか?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: