ホーム

記事一覧

RSS

巡視船発注したら…重すぎて速度出ず 納品断念 川崎

 川崎市は25日、老朽化した市の巡視船「つばめ」(約28トン)の後継船が完成したものの、船体が重すぎて市の求める速度が出ないため、業者との建造契約を解除すると発表した。当面、「つばめ」を使い続けるという。

 市によると、「つばめ」は1974年建造。湾岸部の工場地帯を海上から巡視してきた。老朽化したため市は30トン級の船の新造を決め、入札を経て2016年春、横浜市の造船会社と契約を結んだ。建造費は約2億7200万円。就航予定は17年4月で、名称も「かもめ」と決まっていた。

 同社は17年3月、市から求められた「19ノット以上」の速度が出るか試験運航をしたところ約14ノットしか出なかった。重さは30トンの計画だったが45トンあった。軽量化を試みたが昨夏の試験でも14ノット止まり。今月に入り、市に「納品断念」の連絡をしてきたという。

<以下省略>

※引用元:

巡視船発注したら…重すぎて速度出ず 納品断念 川崎:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1T5QBBL1TULOB00S.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • これがそうとは言わんけど、役所仕事で実績作りの為に、採算度外視でとにかく安く見積もって入札する企業はよくある話。随契ばかりも困るけど、入札ばかりも困るよホント
  • 仕様変更で重量増云々なら兎も角、計画比50%増ってどうやったらこうなるの?機関も出力とかに余裕見てなかったんですかね?
  • 素人目で言うけどこれ、船体と比べて上構造物がかなりデカいように思うな…。 正直、友鶴事件の二の舞みたいにならなきゃいいけど…。
  • 高速時の復原性に問題→バルジ追加→重量増→速度自体でねー!というドタバタは戦前の造船業界でちらほらあったが、今は一応21世紀なんだよなあ。
  • 設計ミスもそうなのだが、市側も技術力について入札条件を適切に設定していたのか疑問。落札だけして仕事は外部に丸投げするような会社は排除すべきだと思う
  • 競争入札で落札業者の能力も把握できずに安い業者に決定した川崎市も責任がある。 まだ随契の方がまし。
  • この手のニュースとしては企業名出てないから何処だろうと調べたら東亜鉄工らしい、どこぞの誰かが東亜重工とか言って色めき立ちそうだ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: