ホーム

記事一覧

RSS

教諭が9歳児童の鎖骨折る 宿題忘れ立腹、警察が捜査へ


 福岡市西区の市立小学校で昨年12月、3年生の男子児童(9)が担任の男性教諭から暴行を受け、鎖骨が折れる重傷を負っていたことが市教育委員会などへの取材でわかった。被害の申告を受けた福岡県警は、傷害容疑で捜査を始めた。

 市教委や関係者によると、昨年12月19日午前の休み時間中、男児が宿題を忘れたことに教諭が立腹。「できないなら帰れ」などと怒鳴り、男児の胸ぐらをつかんで壁に押しつけ、手のひらで肩をたたいた。

 教諭は痛みで泣いている男児の顔を洗わせ、その日の授業を最後まで受けさせた。男児は合間に保健室に行き、保冷剤で冷やす処置を受けた。帰宅後に母親が病院へ連れて行き、骨折が判明。3カ月の重傷と診断された。

 男児は現在も痛みを訴えており…

※引用元:

教諭が9歳児童の鎖骨折る 宿題忘れ立腹、警察が捜査へ:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL1Z5V5CL1ZTIPE021.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 学校にはどんどん警察が介入すべき。 内申書や風評など気にして、隠蔽が当たり前になっている感のある学校世界。 暴力教師や暴力生徒が野放しにせず、対処していく事実も抑止になる
  • こう言った暴行働くのも教師になる時代、やはりケチをつけさせない様に提出物を確実に出すなどは自衛手段として重要何だろうな。
  • 傷害脅迫強要殺人未遂に監禁に人権無視の役満。懲戒免職で済まさず逮捕すべき。
  • 怪我をされた男の子が気の毒なのは間違いない。 教職に就ける大人が、自分を見失うくらいに追い詰められていることのほうが気になる。
  • 北九州市で教諭が6年生の男子児童の顔を蹴って、重傷を負わせた報道が先日あったばかり。 教育の現場でもこの有様では、福岡への偏見は消えない。
  • ねぇ、宿題やらせるのも忘れたのを諭すのもぜーんぶ教育でしょ、これで自分をコントロール出来ない人、子ども相手は無理だ。格闘技にとらばーゆしてください
  • 教師が力加減出来ないのか、子どもの骨が弱いのか。。。でも宿題忘れぐらいで殴っちゃダメだと思う。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: