ホーム

記事一覧

RSS

負傷女児、ショックで口数少なく ヘリ墜落、震える住民


 バーンという大きな音とともに、民家へ真っ逆さまに落ちていった。佐賀県神埼市で起きた陸上自衛隊ヘリコプターの墜落は、住宅地を巻き込む異例の事故だった。小学生の女児がけがを負い、雪の舞う現場には残骸が飛び散った。「恐ろしかった」。難を逃れた住民は、恐怖で体を震わせた。

 「ガガガガダーンと音がして、自分の家に何かが墜落したかと思った」。道路を挟んで事故現場の向かい側に住む女性(73)は震える声で振り返った。外に出ると、最初は黒い煙が、間もなく火の手があがった。「ボンボン」と何度も爆発する音。周辺の田んぼや家のまわりには、墜落したヘリの残骸とみられるものが散らばっていた。

 墜落したヘリAH64Dは、神埼市千代田町嘉納の住宅地にある会社員、川口貴士さん(35)方の住宅を炎上させた。事故当時、この住宅には長女(11)が、隣接する両親宅には母親(69)がいた。川口さんは朝日新聞の取材に、「娘が無事で本当によかった。母がそばにいてくれてよかった」と語った。

<以下省略>

※引用元:

負傷女児、ショックで口数少なく ヘリ墜落、震える住民:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL256263L25TIPE041.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • まずは亡くなった自衛官の事を悼むべきでは?報道を見ていると、そこの人間性が希薄に映る。操縦不能になっても必死に民家に墜ちないようにしていた筈だ。
  • この戦闘ヘリが日本防衛のために過剰な兵器でそれを運用している結果だとすれば防衛省の責任は免れない。そもそも島国で対戦車用のヘリが必要なのか?
  • あえて朝日の記事を添付するけど、住民の方達が怖い思いをしたり、被害に遭ったのはお気の毒です。「この事故」をイデオロギーに利用するのは止め!「人」が亡くなってる、自衛官の命を汚すな!
  • ヘリ直撃の住民「許せない」←何このミスリードを誘うヤフーニュース側のタイトルは。 記事本文は「許せないですよね」になってるぞ? 朝日が悪いの?ヤフーが悪いの?
  • 「怖い怖い」だけの結末の決まった薄っぺらな記事に終始する事無く、しっかりとした取材と報道をしてこの事故が上辺だけの自衛隊叩きにならない事を願う。
  • 警察から報道関係者迄多数の大人に事故の事や心境をやいのやいのと聞かれれば口数も少なくなるさ。 此処から赤日珍聞お得意の反自民反自衛隊論調に誘導するんですな (笑)
  • 戦争が一度起これば、何でもなくなると思うと、長すぎた平和を祝うべきか、将来の惨劇への備えを怠ることを呪うべきか。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: