ホーム

記事一覧

RSS

「すぐ動く」…信じて24時間 大雪の車中、死の恐怖


 記録的な大雪に見舞われた北陸地方では、前日に続いて7日も、国道8号で多数の車両が立ち往生する状態が続いた。地元自治体のほか、沿道の店舗や住民らに支援の動きが広がる。一方、豪雪の影響は医療や産業などにも及んだ。

 「すぐに動くだろうと信じて、ずっと車の中で待ち続けていました」

 立ち往生から30時間以上過ぎた7日午後4時ごろ、福井市の会社員波多野(はたの)佐代美(さよみ)さん(59)が話した。

 6日午前6時、自宅を車で出発。福井県あわら市内の職場へ向かった。ふだんなら40分程度で到着するが、午前7時半ごろ、同県坂井市内の国道8号上で、車が前に進まなくなった。

 前後を大型トラックに挟まれていた。ドアを閉めても時折、エンジンが焼けたような焦げくさい臭いが車内に広がる。暖房をつけているとガソリンがどんどん減るため、自分の車は同日午後6時ごろからエンジンを切って過ごした。

<以下省略>

※引用元:

「すぐ動く」…信じて24時間 大雪の車中、死の恐怖:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL274DC5L27PTIL01H.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • すごい恐怖感だったと思う😰助かって良かった。 こういう時、早めにドライバーさん達への退避誘導や避難場所準備があるといい。
  • こないだの首都高山手トンネルでもそうだけど、ニッポンはこういった時のためのレスキュー装備を持っていない。千台以上立ち往生ってことは千名以上の人命がかかっているわけだから備えておかなきゃいかんよ。
  • これは、人災。まず、車を放棄させ、人を避難させ、人命を救助してから、交通の整備を行うべき。なぜ何日も人を放置するのか!
  • 巻き込まれたのに「立ち往生していた私たちも有志のボランティアとして何か協力できたのでは」と語れるとは立派です。
  • 車の窓の下まで雪が積もり、ドアが開かない。「どうしよう、閉じ込められた!」。パニックになりかけたが、力ずくでこじ開けた。近くの車…


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: