ホーム

記事一覧

RSS

台湾地震で「募金が届かない」悪質デマ拡散 名指しで批判され、「法的措置も検討」の団体も


   2018年2月7日未明(日本時間)に台湾東部で発生した地震を受け、日本国内でも寄附などの支援を呼び掛ける声が高まっている。そんな中、インターネット上では、「台湾の地震で募金する時の注意事項」との書き出しで始まるツイートの拡散が進んでいる。

   このツイートは、特定の団体や募金運動を名指しする形で、集まった寄附金が被災地に届かないなどと主張し、寄付を避けるよう呼びかける内容だ。投稿は8日夕時点で6万回以上もリツイート(拡散)されており、その内容を信じるユーザーも続出している。

   だが、このツイートで名指しされた団体や募金の主催者にJ-CASTニュースが取材すると、いずれも「投稿の内容は事実ではない」と否定。さらに、名指しされた団体の1つ「ピースウィンズ・ジャパン」の広報担当者は取材に、ツイートの投稿者に対して「法的措置を検討している」と話した。

※引用元:

台湾地震で「募金が届かない」悪質デマ拡散 名指しで批判され、「法的措置も検討」の団体も

https://www.j-cast.com/2018/02/08320837.html?p%3Dall


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 残念だが,そんなことだろうと思った。 "一部が朝鮮に流れる"とかおかしいもん。 噂に流されず,募集元の情報をきちんと自分の目で見るのが一番。
  • 詐欺が横行している日本。善意が届かないなら寄付も無駄。 法的処置を検討する前に、義援金の送付資料をまず公開すべきですよ。
  • 《「注目を集めた事で義援金のより良い使われ方を皆が考える機会になったなら良かった」》 や、お前嘘しかついてないじゃん 嘘を付いて貶めて「良かった」ってバカなの?
  • どこの団体かは別として現実に募金額に影響が出るならあかん。反省する気なしだし1度痛い目見ないとわからんよ、ネットDE真実の普通の日本人()は
  • どう見ても、偽計業務妨害。こういうのは、放置するとつけあがるので、その都度適切に対処するしかない。
  • 風説の流布が横行している実態の一面。 名指しされた団体は当該ユーザーを訴えなかったらそれを認めたことになる。
  • jcast newsが震災ヘイトを流したユーザーに取材してる。「注目を集めた事で義援金のより良い使われ方を皆が考える機会になったなら良かった」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: