ホーム

記事一覧

RSS

「保育園落ちてもいい」親たち。待機児童の一方で「不承諾通知」歓迎と内定辞退続出の訳


4月を前に保育園入園をめぐり「#保育園落ちた」が今年もTwitter上を飛び交っている。待機児童問題は一向に解決されていない。

一方で、自治体によっては認可保育園の内定辞退は相当量あり「落ちてよかった」と言う声があるのも事実だ。待機児童問題とは裏腹に見える現象の背景には、何があるのか。

※引用元:

「保育園落ちてもいい」親たち。待機児童の一方で「不承諾通知」歓迎と内定辞退続出の訳

https://www.businessinsider.jp/post-161845


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 認可保育園は、申し込んだ条件での復職が必要なほか、毎年、勤務先や事業の証明書を提出しなければならない。 週5で申し込んで「まずは週3回の復職」などは、基本的に認められない。
  • 普通の話し。これが普通でないのは企業側の問題。 そして企業側の理屈をそういうものと受け入れて勝手に「常識」とブツブツ嫌な顔をするアホの責任でもあると。
  • これ、ママ友で実際にやってた人いたし私も頭をよぎったりはしたけど、1年後の保活失敗したら後がないし1歳児の枠のあまりの狭さに結局やらなかった。
  • 希望出した保育所は0歳6人の枠、私は7番目。6人全て兄弟枠。お迎え時すれ違ったママに『保育所受かっちゃった…』と愚痴られた時の私の気持ち。
  • うちは認可園に落ち、仕方なく預けた認可外に、入園金も含め20万も払ったのに、辞退者が出たからと区役所から連絡が入り、わずか1ヶ月で認可園へ転園した。ほんと迷惑。
  • ねじれすぎて一周回った感がある。よりマシな地獄を求める裏技みたい。「復帰後の過酷なワークスタイルが現に存在する」→「保育園落ちてもいい」親たち。
  • こうした方が一部いらっしゃるのは事実でしょう。行政としては客観的な指標で優先順位をつけるしかないのですが、それと主観的切実さは必ずしも一致しない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: