ホーム

記事一覧

RSS

外務省「国連制裁室」新設 北朝鮮など安保理決議の履行態勢を強化


 外務省が国連安全保障理事会による制裁決議の履行態勢を強化するため、4月にも省内に「国連制裁室(仮称)」を新設することが10日、分かった。過去に採択された制裁決議内容に関する解釈を含めた調査・研究を一元的に担うことで、制裁決議の対象国によって異なる担当課の解釈のばらつきを防ぎ、北朝鮮などに対する制裁の実効性を高める。国連や他国政府との間で解釈がばらつく問題を解消する狙いもある。

 外務省は国連制裁室の新設について平成30年度の機構・定員要求に盛り込んでおり、4月1日の発足を目指している。

 同省によると、国連安保理が採択した制裁決議は14本あり、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)などを対象としたものを除けば、対象国は14カ国に上る。省内では「貨物検査特別措置法」に関連する制裁の履行は安全保障政策課が担当しているが、それ以外は制裁決議の対象国別に担当課が異なる。

<以下省略>

※引用元:

外務省「国連制裁室」新設 北朝鮮など安保理決議の履行態勢を強化

http://www.sankei.com/politics/news/180211/plt1802110005-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 非核や人権では国連を足蹴にしている政府がよくやるね?安倍の人格が反映される行政などもう見たくない。即刻の内閣総辞職を要望する。
  • 私的には北朝鮮に対する制裁がある程度効果を出してきた昨今、これ以上の制裁はかえって戦争に対する緊張を高めるのではと考える。そろそろ対話の為の対話でも行う時期なのでは?
  • 「解釈が消極的過ぎる」これまでの姿勢を早急に改める必要がある。外務省の機構改革だけでは不十分。政治主導で踏み込まねばならない。
  • なんだか知らないけど、実情を知らずに口出す人権理事会だとかも、対応してくれるのかな???
  • 国連制裁室では、国連や他国政府の解釈も調査・研究し、国際社会と足並みをそろえて北朝鮮などに対する圧力強化を実現したい考えだ。
  • 河野太郎外務大臣になってから、外務省も仕事やる気になって来たかな!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: