ホーム

記事一覧

RSS

麻生財務相 在任戦後1位に 1875日、宮沢氏の記録抜く


 麻生太郎財務相の在任期間が12日、戦後歴代1位となった。在任期間は1875日に上り、1980年代から2000年代に複数回、財務相(蔵相)を務めた宮沢喜一氏(1874日)の記録を塗り替えた。麻生氏は、在任期間中に6度の予算案を編成したほか、法人税の実効税率20%台への引き下げなど、成長志向の税・財政改革に取り組んできた。

 麻生氏は、第2次安倍晋三政権が発足した2012年12月26日から財務相を務める。副総理のほか、金融担当相、デフレ脱却の担当大臣も兼務しており、日銀の黒田東彦総裁と連携して、大規模な金融緩和と財政運営を進めてきた。麻生氏は、12日で財務相として戦後最長の在任期間に達することについて、9日の閣議後記者会見で「長くやりゃいいってもんでもないだろう。それだけだ」と話した。

<以下省略>

※引用元:

麻生財務相 在任戦後1位に 1875日、宮沢氏の記録抜く

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180212/mca1802120500007-n1.htm


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • via 首相時代に河野洋平とグルになって慰安婦問題で日本を三流国家に貶めた宮澤の名前が記録から消えるのはよいことだ。
  • <★麻生太郎語録17> 「金正日に感謝しないといけないのかもしれませんが」/広島市内で行った講演で、北朝鮮がミサイルを撃ち主要国が重大な関心を持ったことについて。
  • アベノミクスならぬアソウノミクスなるものがあれば、その色合いはかなり違ったでしょうねぇ。プロビジネスかつ財政規律にも目配り、みたいな・・・。>
  • おかげで株価だけは好調で大企業はウハウハ、実体経済や中小企業の現場はジリヒンで不況の原因の一端を作りま…
  • 単なる数字。その間に経済格差は拡大、国家の負債も増大。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: