ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童養護施設の移転、地元反対で断念 「学校が荒れる」

 岐阜県関市の児童養護施設「美谷学園」が、山県市内に施設の一部を移転新築する計画を断念した。移転先の地元自治会の「反対」が理由だ。ただ、その理由には学園側が「偏見だ」と訴えるものもあった。

 関市の山あいにある美谷学園の現施設は老朽化に加えて、通学に不便で進路選択にも影響していた。学園は来年4月開設を目指し、現施設(定員74人)の隣接地に新施設(同45人)と山県市内にグループホーム(同16人)の二つを建てる計画だった。

 だが移転先の自治会は16年9月、同じ中学校区に別の児童養護施設があることなどを理由に、住民計約1300人分の署名を添えて建設反対の陳情書を市に提出した。学園による複数回の住民説明会を経ても態度は変わらなかった。

 それでも学園側は昨年9月、施設整備の補助金を国に申請するため、必要となる市町村による意見書作成を山県市に依頼。ただ、国は補助金の交付条件の一つに「地域住民の賛同」をあげており、市の意見書には自治会の反対が記された。

<以下省略>

※引用元:

児童養護施設の移転、地元反対で断念 「学校が荒れる」:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL285HL9L28OHGB00J.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • いろいろ貧しい。それにしても福祉福祉とりっぱなこという人たち。この地の専門家や研究者やはり御用聞きの自己利権者が多いのか。も少し情報ほしいーー児童養護施設の移転、地元反対で断念
  • 可能性を合理的に全否定できない以上「偏見」で片付けてしまったら何も前へ進まないだろうな。自治会を非難するのは簡単だが、人が現状維持を望むのは自然な事。必要なのは非難ではなく説得。
  • 総論賛成各論反対の典型例。幼稚園、保育園、社会福祉施設なども同じ状況。住民にしてみると生活環境が変わる変わるかもしれないが、だったら「保育園落ちた、日本死…
  • ほぼ地元民として驚きと恥ずかしさを隠せない。息子の高校の同級生にも施設の子はいたが不良でもなんでもない。うちの子より部活は真面目だったぐらい。
  • 山県市及び地元住民、自治会は本当にクソ。こういう奴等がいるから子供のいる場所がなくなる。まさに現代の典型的な偏見だ。
  • 日本人の悪いところかな、自分たちと違う人たちを変な目で見てしまう。障碍者やLGBTの人たち、こういう施設に入ってる子供たちに対して。
  • なにが少子高齢化じゃボケ。子どもを受け入れんのがいやだったら高齢共がさっさと氏ねや。それで少子高齢化は解決じゃ


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。