ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファントムII」は死なず 退役間近、空自F-4EJ改がF-15Jをバンバン堕としているワケ


 F-4は1971(昭和46)年に導入された、2018年2月現在の航空自衛隊において最も古い戦闘機であり、ステルス戦闘機F-35Aへの更新が予定されている退役間近の機体です。それにもかかわらず、200機が配備されている現主力戦闘機F-15との訓練においては勝利することもけっして珍しくないそうです。

 F-4が航空自衛隊の最新鋭戦闘機だった1970年代、百里基地とF-4のパイロットらの活躍を描いた『ファントム無頼』という人気漫画があり、作中において主人公らは当時米空軍の最新鋭機であったF-15を訓練で撃墜するといったエピソードがありました。2018年2月現在、航空自衛隊には戦闘機飛行隊2個、偵察飛行隊1個の推定約40機程度F-4が残っており、そのすべてが百里基地(茨城県小美玉市)に配備されていますので、思わず「いまになって『ファントム無頼』かよ」と笑ってしまいました。

※引用元:

「ファントムII」は死なず 退役間近、空自F-4EJ改がF-15Jをバンバン堕としているワケ | 乗りものニュース

https://trafficnews.jp/post/79658


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 新人を引退間近のF-4に乗せる必要がない→ベテランの手があいて戦術研鑽がはかどる→模擬戦でF-15を撃墜(判定)。古豪が旧型機で大暴れとかホントに漫画みたいw
  • 「F-4EJ改はF-4の皮を被ったF-16」と聞くと、「ザクの皮を被ったゲルググ」ザクⅡR-2型を連想してしまうのはガノタの悪い癖。
  • 嘆かわしい。F-35やF-22を大量購入して、F-4や初期型のF-15を早々に置き換えなければ、制空権を維持できない。そのためには増税もやむを得ない。
  • 神栗コンビ並の腕前だったら、もう地上に敵なんか居ませんよ奥さん!
  • 初めて見た戦闘機がコレ(子供の頃です) 市街地を低空で飛んでいて轟音にビビりました!まだパーツがあるのが驚きですね~
  • これは興味深い。パイロットの練度次第では電子機器の更新だけでファントムがイーグル撃墜できるようになるんやね。
  • 限定された条件とも言えますが、文中の通り『ファントム無頼』とか熱くなる話(それも実話)です でも電子機器は兎も角、機体性能はF16と別モンですよね


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。