ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「35歳限界説」の定説希薄に 転職成功者の年齢、10年前より3歳上昇


 パーソルキャリア(東京都千代田区)は、2017年7~12月の間に転職サービス「DODA(デューダ)」を利用した約15万人の転職動向をまとめた。

 それによると転職に成功した人の平均年齢は32.1歳で17年上半期と同様の結果になったが、10年前の07年下半期に比べると3歳上昇していることが分かった。

 年齢別の内訳をみると、上半期同様にミドル層の健闘が目立っている。具体的には35~39歳が10年前に比べ5.1ポイント上昇の13.1%、40歳以上は12.6ポイント増の15.5%だった。

 一昔前までは、35歳以上になると転職が難しくなる「35歳限界説」があったが、こうした“常識”は希薄になりつつあるようだ。

 その理由の一つについて、DODAの大浦征也編集長は「10年前には存在しなかった技術や企業構造の急速な変化により、経験に基づいた実績重視の即戦力採用や、管理職経験の有無にとらわれないミドル層の採用など、従来の採用案件とは異なるケースが増えているため」と指摘している。

※引用元:

「35歳限界説」の定説希薄に 転職成功者の年齢、10年前より3歳上昇

https://www.sankeibiz.jp/econome/news/180213/ecd1802130605001-n1.htm


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 優秀な人材に年齢は関係ない。専門性や経験値、深みを増した人間性に裏打ちされた組織への好影響などにも鑑みると、むしろ加点要素。僕自身も35を超えてからの方が市場価値がスパークした自覚ある。 _ _
  • 転職成功者の年齢、10年前より3歳上昇(なるほど企業で働きながらノウハウ、技術、人間形成を習得した教育、プロセスを無償で活用できるメリットが採用側にはあるのですかね。)(SankeiBiz) Ya…
  • 社員教育をする力がないから結局即戦力を求めるとかいう甘えに走る。 だらしのない会社の増加は日本が不況であることの証明でしかない。
  • 今の仕事は肉体労働。身体が動かなくなった時、他の仕事したことないしどうなるのかな、という不安はある。そもそも机に向かって仕事するの無理すぎる。
  • 単純に氷河期の連中が真っ当な仕事に就けてないだけ。だから転職屋はこの世代が金になると思って未だに転職を勧めてくる。
  • どこも氷河期世代が足りてなくて重点的に補充しているだけだろう。その世代の加齢とともに平均年齢が上がるのは当然の結果。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。