ホーム

記事一覧

RSS

マック最終益6年ぶり最高更新 再び拡大路線、3年で200カ所新規出店へ


 日本マクドナルドホールディングス(HD)が13日発表した2017年12月期連結決算は最終利益が前期比4.5倍の240億円となり、6年ぶりに過去最高を更新した。売上高は11.9%増の2536億円だった。20年末までに150~200カ所の新規出店などを柱とする3年間の中期経営計画も公表。店舗数を10年ぶりに純増させる。

 14年の期限切れ鶏肉問題以降、客足回復に向け既存店の改装に注力してきたが、業績回復を受け、サラ・カサノバ社長は記者会見で「新たな成長ステージへ移る」と宣言した。

 今年は35~40の新規出店を計画し、退店と差し引き約20の純増を見込む。店舗数は02年の3891店がピークで昨年末に2898店と約3割も減少したが、再び拡大路線に転じる。20年末に約3000店体制を目指す。既存店の改装も引き続き進め、年内に実施率を90%以上に引き上げる。

<以下省略>

※引用元:

マック最終益6年ぶり最高更新 再び拡大路線、3年で200カ所新規出店へ

https://www.sankeibiz.jp/business/news/180214/bsd1802140500001-n1.htm


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 凄いですね!QSCのレベルはそこまで変わっている印象は無いですが、オペがとてもシンプルになっています。トータルでのリストラが奏功している印象。後、家族利用ではありがたいお店。
  • 結局のところ、 ・ベストコストパフォーマンス ・差別化 戦略のどちらかしかない訳で、コスパ戦略に関しては、とにかく安い、つまり規模のでかい企業だけが生き残ると思う。
  • SankeiBiz(サンケイビズ) 個人的には「注文場所と受取場所が別」と「お一人様用カウンター席がある」っつー店が増えてきたのがイイカンジ。
  • 改装をして”居場所”としての価値を高められたのは大きい。 ”居場所”としての価値の向上をほとんどしなかったモスと対照的だ。
  • 悪評も忘れた頃ではあるが、他になにが変わったのだろう。大きく変化したイメージはないけど、細かいことの積み上げなのかもしれませんね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: