ホーム

記事一覧

RSS

<裁量労働>時短調査「他にない」 データ疑義で厚労省答弁


 「裁量労働制は一般労働者より労働時間が短い」とする2013年の厚生労働省調査に疑義が生じた問題を巡り、厚労省の山越敬一労働基準局長は15日の衆院予算委員会で、こうした傾向を示す調査結果が他には存在しないと明らかにした。安倍晋三首相はこの調査に基づく答弁を14日に撤回。政府が働き方改革関連法案に盛り込む裁量労働制の対象拡大に関し、推進の具体的な「根拠」がなくなりかねず、野党は「フェイクデータだった」などと反発を強めた。

 疑義が生じているのは厚労省の13年度労働時間等総合実態調査。立憲民主党の逢坂誠二氏が15日の予算委で「裁量労働の方が労働時間が短いという調査結果は他にもあるのか」とただし、山越氏は「そういったデータは持ち合わせていない」と答えた。同調査は「1日23時間労働」の事業場が含まれるなど疑問点が多く、加藤勝信厚労相は詳細なデータを19日に国会へ提出する考えを示した。

<以下省略>

※引用元:

裁量労働:時短調査「他にない」 データ疑義で厚労省答弁 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20180216/k00/00m/010/111000c


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • これでこの法案から裁量労働制拡大がなくなれば野党の大きな成果。与党支持者は与野党どちらの主張が自分たちの利益になるか、よくよく考えるべき。
  • 私の友達(専門職)は残業を終電間際までしても、残業?知らない子ですね😃扱いされるらしい。誰かが楽をして誰かがその責を担う世の中なのかな…
  • 野党よ、幅広く裁量労働制を採用する目的は何なのか政府に良く聞いてくれよ!有償時間外労働減らすためとかは論外だからな。経団連が国会に説明に来ても良い。
  • 雇主側にとって「裁量労働制」なだけで,被雇用者側は好きな時に好きな時間働かされて使い捨て!とんでもない法案!被雇用者の生存権,幸福追求権侵害の恐れ有りです
  • 働き方改革という名の「経営者のためのタダ働き合法化法案」に偽造データを持ち出す安倍。全くとんでもない話。これでも安倍政権を支持しますか?
  • 誤ったデータを根拠に法案出すって安倍政権メチャクチャだろ。この法案だけでなく安保の時の説明も二転三転してたし、ご都合主義過ぎてとてもじゃないが政権を任せられるレベルじゃない!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: