ホーム

記事一覧

RSS

なぜこんなことに? 平昌五輪、運営側の問題


 真冬の熱き戦いに日本中が酔いしれている。

 平昌冬季五輪が開幕し、16日で1週間となる。表彰台に立って満面の笑みを浮かべた選手たちは多くの国民に感動を与えたが、一方でメダル候補といわれながら結果を残せずに涙を浮かべた女子スノーボーダーの姿もあった。だが、悲喜こもごものドラマはまだ終わっていない。ひのき舞台に立つ日本勢の活躍を願い、その一挙一動に今も多くの人たちが固唾(かたず)をのみながら見守っているはずだ。

 ただし、この平昌五輪にはどうしても引っかかるところがある。ホスト国、韓国の大会運営があまりにもずさんでひど過ぎるからだ。のっけからブーイングが飛び出したのは、10日夜のノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒル決勝。決勝の1本目は午後9時半過ぎに始まったが、秒速5メートルを超える強風が時折吹き荒れ、何度も競技が中断される事態になった。

<以下省略>

※引用元:

なぜこんなことに? 平昌五輪、運営側の問題 (1/4)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/16/news041.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 次回は、灼熱高湿度とスーパー台風の東京オリンピック。小学校の運動会でも開催しない時期に、だれが選んで開催することにしたのか、責任者をリストアップしておくべきだ。
  • サッカーのワールドカップの時も、ボロクソに言われていたよね。今回はカナダの選手に猛烈な脅迫状が多数届いたらしいし。無理なんだよ、南鮮には、スポーツでも政治でも、この手の国際的な催しは。
  • ああ、予想通り、野蛮だな。選手を派遣させるべきではなかったのでは?へんな寄生虫が選手の体内に発生していないか、帰国時にチェックしてほしい。これは”差別”ではなく、”現実的な”懸案事項である。
  • ”酷い事”のオンパレード。隣国の事だと笑ってばかりはいられない。 東京オリンピックには(環2遅延、入札障害など)都知事と都民Fが撒いた「地雷」がドッサリ待ち構えているんだよ?
  • F1の二の舞じゃないか。後進国で世界規模の行事はやるもんじゃない。日本もヒトのこと言えないかも知れないが。現場はともかく権力者がアホばっかりだからな。
  • 朝鮮半島で平和の祭典五輪を行うこと自体間違いなんだ。選手のことなど考えていない、政治に利用しているだけ。それに対して何もしないIOCも情けない。こんな五輪は二度と開催してほしくない。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: