ホーム

記事一覧

RSS

「殺すぞ」「撃つぞ」そして「撃ったな!」…白昼の大阪・京橋が騒然「まるでドラマ」


 日曜日の白昼、買い物客らが行き交う大阪・京橋の繁華街で、ナイフを手に「殺すぞ」と歩み寄ってくる男に、警察官が拳銃を向けたまま、じりじりと後ずさった。「撃つぞ、刃物を捨てろ!」。2人は対峙したまま数十メートル移動したが、男はなお「殴るぞ、殺すぞ」とナイフでの威嚇を止めない。背景が人混みではなくなり、男がビルを背にしたときだった。「パン!」と乾いた発砲音が響いた。

 その一部始終を大勢の人が目撃していた。「怖い!」「テレビでしか見たことない」。直後から、事件に関するつぶやきがツイッター上にあふれた。

 「本当に撃ったんだと思った」。近くのコンタクトレンズ店の女性従業員(31)は、警察官と刃物男が店の前を通り過ぎるのを見ていた。「普段から人通りも多い場所なのでびっくりした」と興奮が冷めやらない様子だった。

<以下省略>

※引用元:

「殺すぞ」「撃つぞ」そして「撃ったな!」…白昼の大阪・京橋が騒然「まるでドラマ」

http://www.sankei.com/west/news/180218/wst1802180051-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 報道内容の通りなら適正な拳銃使用。逃げたもう一人を早急に捕まえてほしいし、これからも積極的な職質と適正な武器使用をすすめて欲しい。
  • 子の記事はミスリードの意図を感じる。刃物をちらつかせた時点で行政活動ではなくなる。銃刀法に基づく刑事事案となる。
  • 「任意」を言い訳に職務質問を断る犯罪者を野放しにしないためにも職務質問に強制力を持たせて欲しい…日本の警察官がんばれ。
  • 任意の職質を断ろうとしても警察がしつこいから怒った一般人がナイフを取り出して警察を威嚇したら銃で撃たれた話。警察の職質の根拠が分からん。
  • この前歩いたとこの近くやー。警官は犯人射殺でよかった思うよ。万が一罪なき一般人や警官が命を落とす危険性もあった訳で。
  • 「任意やろ?」と職質を拒否、挙げ句の果てにはナイフを取り出し「殺すぞ!」と警官に躙り寄る。 撃たれて当然、 冷静だった警官に感謝しろ。 ……
  • 正当な活動で善良な市民に被害なくよかった。悪い奴程、法律知識を濫用する。諸悪の根源。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: