ホーム

記事一覧

RSS

中国、異形の技術革新 個人情報も「どうせ人の手に…」


 安い労働力を売りに「世界の工場」と言われた中国は、今やイノベーション(技術革新)で世界の最前線の様相を見せる。背景には技術者や起業家の奮闘に加え、独自の政治環境もある。異形の発展を遂げる中国式「創新(イノベーション)」は世界に広がるのか。

 上海市中心部から車で20分ほど走った住宅街にある「百安居(バイアンチュイ)」は一見、日本の郊外でも見かけるような普通のホームセンターだ。

 だが、買い物の仕方は随分と違う。2017年に改装した同店は「顔認証」技術を使い、客が手ぶらで来て、手ぶらで帰れるシステムを導入した。

 お店に入った客はまず、自分の顔を端末に読み取らせる。欲しいものが見つかれば、店内のあちこちにある端末に再び自分の顔を読み取らせる。画面上に現れるリストから目当ての商品を選び、画面上の仮想買い物かごに入れていく。

<以下省略>

※引用元:

中国、異形の技術革新 個人情報も「どうせ人の手に…」:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL2G3Q13L2GUHBI00P.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • ディストピアSFのような話がとうに現実のものに。ひとの思想も、信条も、身体も、すべてが資本、利益の単位でしか図られない、人間の普遍的価値というものが、資本の巨大な濁流に飲み潰され、意味消失してゆく。恐怖。
  • Newsweek日本版は「科学技術大国 中国の野心」を特集。イノベーションでは独裁国は民主主義国にかなわないとの定説が中国の潤沢な資金で崩壊。西側は中国の攻勢に揺さぶられる。ただ、中国だけで収集されたビッグデータが普遍性をどこまで…
  • アリペイのゴマ信用の点数がシンガポールのビザ申請の資料になるって書いてあるけどほんとかな? そんな民間企業の点数を参考にするかな?
  • 日本は、悪質な犯罪者やそれに準じる素業の悪い者に対して、将来的に生体チップの埋め込みまで行って徹底的に管理を行うことが望ましいでしょう。
  • このクラスのサービスが民間から生まれて、しかもそれが当たり前に受け入れられる文化(受け入れざるを得ないのかもだけど)というのがすごいよなぁ、しかもあの人口で。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: