ホーム

記事一覧

RSS

遺族「妻子の人生は何だった」 熊谷6人殺害、死刑求刑


 埼玉県熊谷市で2015年、民家3軒で6人を殺害したなどとして、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍の無職ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の論告求刑公判が19日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれ、検察側は死刑を求刑した。弁護側は最終弁論で、被告が当時精神疾患だったとして無罪を主張する方針だ。

 ナカダ・ルデナ被告の起訴内容は、15年9月14日に田崎稔さん(当時55)と美佐枝さん(同53)夫婦、15~16日に白石和代さん(同84)、16日には加藤美和子さん(同41)、長女美咲さん(同10)、次女春花さん(同7)をいずれも包丁で刺すなどして殺害し、現金を奪ったなどというもの。

 この日は論告に先立ち、被害者の遺族の意見陳述があり、加藤さんの夫(45)は「妻の人生、娘の人生は何だったのか。自分の家族が殺されて突然一人になったらどう思いますか」と裁判員らに訴え、「被告を許せない」と述べた。

<以下省略>

※引用元:

遺族「妻子の人生は何だった」 熊谷6人殺害、死刑求刑:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL2M34N7L2MUTNB002.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 事件当時、心神喪失状態であったというなら、責任能力が回復するまで何らかの施設に収容するか、治療をするなどの措置をすべきだとおもう。事件の時だけおかしく今は大丈夫という理屈は道理が通らない
  • 殺害した事実を動かせない被告にとって、死刑回避には心神喪失か心神耗弱を争う以外に方法はないか。裁判員の方々は大変だろうが、公平誠実に対処して欲しい。
  • いつも思うのだが、このような記事を出す新聞社はいったい何を言わんとしているのだろう。 まあ、知ってるけど。挙国一致で存置、ですよね。
  • こんな奴に死刑回避判決を出してみろ!! 裁判の信用性(私は信じてないが)は益々ガタ落ちするだろう。 そして凶悪事件が増え続けるだろう!
  • ペルーと日本じゃ他者への人権への価値観が違うんですね。命の価値は同じなのに。 簡単に殺め過ぎる。
  • ▼人を殺して逃げた熊は山狩りをしてでも殺すよね。人としての心を持ってない生物が殺人を犯せば・・・・人食い熊と同じ扱いにすべきだろ!! 精神鑑定は人か獣かを問えばいい


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: